知花敏彦氏より学んだ宇宙科学、宇宙エネルギー実用化商品

宇宙エネルギーとは 安全でただのエネルギーです

宇宙エネルギーをオーラや気として使う

オーラとは何か

オーラの本質(素)は宇宙エネルギーです。
私たちは、体(チャクラ、呼吸、脳細胞、全細胞)を通してエネルギー変換して、自分の体内でそれをエネルギーとして使います。また、体からも放射し、他の人が使えるように放射しています。その放射されたエネルギーが、オーラや気というものです。




私たちの体内では、常時、宇宙エネルギーを変換している

オーラの働き

オーラの本質(素)は宇宙エネルギーです。 私たちは、体(チャクラ、呼吸、脳細胞、全細胞)を通してエネルギー変換して、自分の体内でそれをエネルギーとして使います。また、体からも放射し、他の人が使えるように放射しています。その放射されたエネルギーが、オーラや気というものです。

オーラの出し方

私たちの肉体、手や足、細胞は意識の命令で動かされています。動かしている意識が本当の自分です。意識の高さと比例して、オーラの質と量が決まります。人間を肉体だと思う人間意識、肉体意識でなく、釈迦やイエスのように、自分を仏・神・宇宙と思う仏意識、神意識、宇宙意識になれば、大量のオーラ(後光)が出ます。素直さがあれば、難しいことではありません。

 
銀河の光風は、オーラを出すのに大きなお手伝いをしてくれます。

メニュー

  1. 宇宙エネルギーとは何か?
  2. 宇宙エネルギーを具体的に使う
  3. 宇宙エネルギーをオーラや気として使う
  4. 宇宙エネルギーを空気と水を通して使う宇宙エネルギーを農業や漁業に使う
  5. 実験 0活性エネルギーの効果
*

当研究所の商品はすべて、知花敏彦先生の教えに基づいて開発しました。

知花先生は沖縄・清里・東京などで15年間、毎朝、毎晩、何万回も真理のお話をして下さいました。

知花先生

1941年、旧満州に生まれ、終戦後沖縄へ。幼少から霊能力に優れ、中学を卒業後南米に移住。約30年間農耕生活をしながら自己探求をする。帰国後ヒマラヤ、エジプトで修業し、宇宙意識に到達。宇宙の法則やフリーエネルギーなどに精通し、あらゆる分野での指導を行う。おもな著書に「宇宙法則の八正道」「知花敏彦講話シリーズ 愛・神・霊」「日出づる国幸い近し」「愛は天と地の掛け橋」「心を育てる瞑想」「神我顕現への道」などがある。